脱毛ワックス 作り方

自家製の脱毛ワックスの作り方

私は昔から毛深いことがコンプレックスでした。腕や足など毛が太く本当に目立つので、中学に入った頃から剃刀で毎晩のように手入れをするのが習慣になっていました。

 

しかし剃刀での手入れは大変なうえに、肌も傷つき余計に毛が気になるようになってしまいました。もっといい方法はないのかな?と気になり、いろいろネットで調べながら試しているうちに、毛を目立たなくする自分にあった方法を見つけました。

 

脱毛クリームと脱毛ワックスを使って脱毛をする、というやりかたです。

 

普通は脱毛クリームか脱毛ワックスのいずれかを使う人が多い気がしますが、
私は時々両方使って処理してます。

 

脱毛クリームは市販されている物を使います。脱毛ワックスはなんと自家製なんです!

 

脱毛クリームを使って気になる部分の毛を脱毛したあと、仕上げに脱毛ワックスを使うのです。
すると、脱毛ワックスが毛穴に残った毛を抜いてくれるうえに、肌をしっとりスベスベにさせてくれて、毛穴すら目立ちにくくしてくれます。
そして、このやりかたを繰り返すうちに徐々に毛も細くなり少しくらいなら目立ちにくくなってきました。

 

では、自家製の脱毛ワックスの作り方を紹介します。

用意する物はグラニュー糖300グラム、水300ミリリットル、レモン汁40グラムです。
材料をすべて鍋に入れ、木べらなどでかき混ぜながら強火にかけ、沸騰したら弱火にして茶色くなるまで煮詰めます。冷めたときにはちみつのような粘り気が出たら完成です。普通の脱毛ワックスと同じように使います。

 

本当にオススメの脱毛方法なのでみなさんぜひ試してみてくださいね!

 

ただし、ちょっと前に友人から「アンジェリカワックス」なる脱毛ワックスを紹介してもらいました。
これ、めちゃめちゃいいです。

 

なんとっても脱毛したあとの肌のスベスベ感がいいです。
ツルツルと綺麗な肌になりますね。

 

一度使ってみるといいと思いますよ。
通販で買えますし。

 

アンジェリカワックスの使用レポートはこちらにまとめておきました。
→ アンジェリカワックス体験レビュー